【従業員が歓喜】ストレスフリーなテレワーク~10の実体験~

スポンサードリンク




働き方改革やコロナ禍により、テレワークを導入する企業が増えてきています。

自宅でなんか仕事できないよ!

なんて思う人がいるかもしれません。

もちろん、企業側がしっかりとしたテレワークの対応をしていないとうまくいくものではありません。結構ハードルが高いです。

しかしながら、テレワークの環境が整ってしまえば、細かすぎるけどかなりのメリットを受けることができます。

今回はそんなテレワークを導入したことで従業員に起きる細かすぎる喜びを紹介いたします。

クック
経営者の方には大きい声で言えませんが・・・

従業員が歓喜!ストレスフリーなテレワーク

◆起床が出勤時間ギリギリになる

いきなり最大級の喜びを投下してしまいました。

これ、めちゃくちゃ嬉しいですよね。

徒歩、自転車、車、バス、電車・・・通勤にかかる時間をすべて睡眠の時間に充てられます。

十分な睡眠時間は仕事の効率化にも影響しますので、会社と従業員でWINWINな関係となるでしょう。

バスや電車通勤の人たちは、通勤時間を読書などの時間に充てることができますが、徒歩、自転車、車通勤の人は「通勤時間を有効活用できない」傾向にあります。

通勤時間を睡眠の時間にするか、読書の時間にするかはそれぞれの自由です。

その自由な時間を手に入れることができることはとても嬉しいことですね。

◆出勤時に無駄遣いしない

朝、いつもの流れでコンビニに寄っている人はいませんか?

私は毎朝コンビニに通っておりコーヒー、エナジードリンク、パン、肉まんなど、その日の気分に合わせて購入しています。朝だけで1日あたり300円は使っていますので23日出勤とした場合、月に6,900円も使っていることになりますが、テレワークではそれが一切なくなります。

「毎朝のことだからテレワークになったとしても行きたくなるのでは?」

と思っていたのですが案外そうではありませんでした。

むしろ睡眠時間を長くすることでコンビニに行く時間も無くなりましたし、家で自分でコーヒーを入れて飲んだほうが楽だなと思いました。

テレワークの日はほんとに無駄遣いすることがなくなりました。

◆充電し忘れてもOK

夜、愛用のiPhoneを充電しながら寝ているのですが、ほんの少しの気の緩みでYouTubeを見ながら寝落ちしてしまうことがあります。

皆さんにもあるのではないでしょうか?

朝のスマホの充電が20%、、、。絶望しかないでしょう。

会社に行ってもなかなかコンセントやPCに接続し辛かったり、上司に怒られたりする人もいるでしょう。

そんなこと、テレワークでは一切考えなくて済みます!

むしろわざわざ充電せずに寝るようになります。笑

かなり細かいことですが、結構なストレス減少に繋がっています。

◆人間関係で板挟みになることがない

例えば、私と同じ部署内のAさんとBさんがほとんど口を利かないくらい仲が悪いとしましょう。しかしながらAさんとBさんの連携なくして業務が進みません。私はAさんとBさんの間に入り、気を遣いながら業務を進めます。Aさんが言っていたことをBさんに伝え、Bさんが言っていたことをAさんに伝え・・・

こんな人間関係の板挟みなど、どこの会社にもあることでしょうが、これを一切考えなくてよくなります。これは非常に大きいですね!

テレワークになってしまえばいちいち話すこともないので、すべてメールやグループウェアで済ましてしまいましょう。

本当にストレスがなくなります。

正直、私の中で一番ストレスがなくなったのはこの部分ですね。やっぱり人間関係は一番疲れます( ;∀;)

◆音楽を聴きながら仕事ができる

学生時代、無音や雑多な音が嫌で勉強が捗らない人がいたと思います。そんな時、自分を支えてくれるのが音楽でしたね。

好きな歌を聴きながら勉強することで集中できる。業務もそうです。自分のやりやすい環境に身を置けますので、集中して業務に取り組むことができます。

常に聞かずとも、ちょっとした休憩の時にiTunesでお気に入りの曲を1曲。会社ではなかなか聴きづらいですからね。

◆お昼は自由に食べれる

お昼は自由に時間を使えます。

どこかに食べに行っても良し、寝ても良し、YouTube観ても良し!

◆服装に縛られない

テレワークになると服装に縛られなくなります。

私自身、ネクタイの存在意味を長年問い続けているのですが未だに答えが出ておりません。しかしながらビジネスの世界ではネクタイが必要なんですよね。

ただの事務仕事でさえもネクタイが必須の会社もあることでしょう。

テレワークはそんなシガラミから一気に解放してくれます。正直、スウェットやTシャツでも仕事ができてしまうのがテレワークのすごいところです。誰にもみられませんからね、、、。もちろん業務に支障がでてはいけません。Web会議や外出の予定がある場合にはある程度の決まりある服装を心掛ける必要があります。

それを差し置いても、だいぶ服装に縛られませんので気持ちも楽に仕事をすることができます。

◆退勤がマッハ

17時退勤であれば17時1分、18時退勤であれば18時1分に退勤できます。

そのままPCをたたみましょう。楽しい自分の時間が待っています。

事務所で仕事をしていると「あの人がまだ仕事してるから」とか「(慣例で)ちょっと残らないといけない」とか暗黙の了解的なルールが存在する会社もあります。

そんなルールを一切無視できるのもテレワークの強いところですね。

帰宅が早いと、きっと家族に喜ばれることでしょう。

◆風呂に直行

タイムレコーダーで退勤後、お風呂に直行できます。

すぐに疲れを洗い流しましょう。

◆トイレは自由

大も小も気兼ねなく。腸内環境も正常化!

終わりに

いかがでしたでしょうか。

皆さんテレワークをしたくなったのではないでしょうか。

実際にテレワークができる環境を作ることは容易ではないのですが(会社のシステム、サーバー、ネットワーク回線などの弊害)、環境を整えてしまえばあとは天国が待ち構えています。

もちろん、事務所出勤しているときと同じレベルで業務を遂行することは大前提です。これを崩してしまっては会社が傾いてしまいますし、自身の給与にも関係してきます。自身のメリットだけを享受し、会社に貢献しないことはご法度です。

やることをやりつつ、自身の喜びを見つけることで生活が豊かになると考えています。

少しギャグ記事になってしまいましたが、経営者、そして従業員の方にテレワークの良さを伝えられたらと思っております。

ありがとうございました。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です