広告がクリックされなくても収益化が可能!!GoogleアドセンスのCPMとは??

スポンサードリンク




Googleアドセンスに合格して1ヶ月が経ち

ちらほらと収益がでてきました。

その過程でGoogleアドセンスのレポートを見ていると

ふと疑問に思ったことがあります。

それは

アドセンス広告がクリックされていないのに収益がでている!

ことです。

これを見たとき私の頭は???でいっぱいでした。

  • アドセンスって広告クリックされないと収益出ないんじゃないの?
  • 広告を間違えてクリックさせたもん勝ちだ!

と思われている方必見です。

Googleアドセンスで収益を出す仕組み

CPM(cost per mille)

コストパーミル、通称CPMという仕組みがあり、

まさにこれが広告がクリックされなくても収益が出る秘密となっています。

直訳すると

cost 費用

per mille 1/1000

1000あたりの費用

です。

???ですね。笑

費用というのはGoogle側の広告費用ですので

つまり我々の収益になります。

言い換えますと

1000回広告を表示したときの費用

つまり

1000回広告を表示したときに我々が受け取れる収益

ということになります。

CPMが100円だとしたら1000回広告が表示されたら100円もらえますよ

ってことですね。

クック
CPMが100円ですよ!っていうのは変動してこちらでは決められないみたいですね!Googleに寄るところです。

この単価は低く設定されていることが多く

数円レベルでの収益となります。

ただ、1日に3万pvクラスの方であれば

上の条件でも日に3000円はもれなく入ってくるわけですから

無下にできない仕組みですね。

この収益を

インプレッション収益

と言います。

また、アドセンス合格したてで広告クリックが見込めないブログでも収益化が可能なところも嬉しいですね。

CPC(cost per click)

コストパークリック、通称CPCという仕組みがあり

クリックされたら収益となる仕組みです。

直訳すると

cost 費用

per click 1クリックあたり

1クリックあたりの費用

となります。

CPMの時と同じように費用と収益が逆になりますので

1クリックあたりの我々の収益

となります。

まとめ

アドセンス収益の仕組み

紹介しました通り

広告クリックがなくとも収益化できる仕組み(CPM)はブロガーにとってはとてもいい仕組みですね。

ただ逆に

クリックされても(CPCがあっても)収益化されないときもあるので注意してください。

パターンとしては

  • 広告を見られても収益なし
  • 広告を見られただけで収益あり(CPMインプレッション収益)
  • 広告をクリックされて収益あり(CPC)
  • 広告をクリックされても収益なし

この4つとなりますので覚えておいてください。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です