【ユグドラシル】BUMP OF CHICKENを聴くきっかけになったアルバム

スポンサードリンク




今や老若男女問わず人気になったバンド。BUMP OF CHICKEN。

僕が中学生だった当時は学生に人気だった。

当時でいえばラッド、エルレ、アジカンが対抗だったかな。

僕は今でもBUMP OF CHICKENをよく聴くのだが、きっかけとなったのはユグドラシルというアルバムだ。

中学の頃は野球部に入っていて、その友達が紹介してくれた。紹介って。笑

そこで聴いた「オンリーロンリーグローリー」という曲がたまらなく僕の耳にフィットした。

歌詞ではなく完全に響き、感覚で好きになった。一瞬で。

友達からユグドラシルを貸してもらい、兄が持っていたMDコンポを借りてMDに落とし、MDウォークマンで聴いていた。

確か中学3年だったかな。

僕は1度聴くとその歌を擦り切れるまで聴いて次の曲に行くタイプだ。

順番は定かではないが、次にはまったのは「乗車権」という歌だ。

乗車「券」ではなく乗車「権」であることに注目だ。

乗車する権利(生きる権利)を歌っている、

人間証明書がない~♪で有名なあの歌だ。いや、有名ではない。アルバム限定曲だ。

実はユグドラシルで一番有名な歌は「スノースマイル」だろう。

なぜかバンプファンでなくても知っているという有名曲だ。

あとはギルド、firesign、ロストマンと続いてはまっていった。

バンプの中でも今でも好きな曲が多いのがこのユグドラシルだなってつくづく思う。

特にギルドは名作すぎる。落ち込んだ時に聞いて自分の糧にしている。

隠しトラックの「O・TO・GA・ME・はーと」も欠かさない。

バンプと言えば隠しトラックがファンの間では有名だし、CDケースを分解すると歌詞カードが出てくるのもファンの間では知れたもの。

その遊び心が学生の僕の心に刺さったのだ。

created by Rinker
¥2,400 (2024/06/19 09:47:06時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサードリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です